'."\n";?> スプレッド 0銭 からのFX業者を徹底比較!

スプレッド 0銭

高い「スプレッド」で無駄な経費を使っていませんか?

 

● 例えば、ポンド円で、1万通貨の取引を10回したとしましょう。

業者A(スプレッド3銭): 10,000×0.03×100回=3,000円のスプレッド費用

業者B(スプレッド1銭): 10,000×0.01×100回=1,000円のスプレッド費用

計算上ですが、たった10回の取引で2,000円もの経費の差が出てしまいました・・・。


スプレッドというのはご周知の通り、FX業者の懐に入る手数料のようなものです。だからこそ、 手数料だけでこれだけFX業者間に差があっても全然おかしくはありません。

※上記スプレッド数値は実際のとある業者を比較したものです。デイトレで人気の通貨ペア、ポンド円なら5銭前後開きがあっても全くおかしくありません。

今回は10回という設定でシミュレーションを行いましたが、半年、1年、数年というスパンで考えると、「塵も積もれば山」となるで莫大な金額の差になってくるでしょう。

FX取引で勝利を目指すうえで、如何に「スプレッドの狭い、小さい業者」にこだわることは重要なファクターの一つです。

1円でも余分な経費を削減することがFXで勝利するコツです!

スプレッド0銭からの人気FX業者ランキング

 DMM FX ★人気
DMM FX

DMM FXは業界後発ながらも、他社が追随できないくらいのスレプッドを提示してくれています。

ドル円で0〜0.5銭、ユーロ/円で0.5〜1.1銭と驚異です。当サイトでもDMM FXが登場した9月からはずっと1位を獲得。

ユーザーの皆さんもこのスプレッドは魅力に感じておられる証拠だと思います。私もこのスプレッドを知ってすぐに口座開設しましたからね。

低スプレッドだけでなく、リスク管理もしっかり行えていて、信託保全もしっかり行っていて、資本金は業界最高水準の32億円。 「そんなに安くしてホントに大丈夫なの?」の疑問もこれで解消です。

  

まだここで口座開設していないなら是非、開設をおすすめします。損はないと言うか、損をします、ホント。それくらいスプレッドが狭いです。 私もメインとサブの間くらいの位置付けで使っていますが、スプレッドはホント狭いです。スプレッドが0銭の時間帯も結構ありますよ。
 MJ
MJ取引手数料無料、南アランド含む通貨ペア32種類のMJ

ジャスダック上場企業「プラネックス」の子会社であるMJはスプレッドがドル/円0.8銭、ユーロ/円1.5銭とこちらも業界最狭水準!

取引手数料及びリアルタイム入金手数料無料と低コストを実現しているにもかかわらず、スワップポイントは高めで設定されていて人気のFX業者です。

後、通貨ペア種類も32種類の取扱いで豊富なラインナップです。取引ツールの「SPOTBOARD」も反応が早いと好評です。

  MJ「SpotBoard」

スプレッドが低スプレッドはもちろんのこと、今ならキャッシュバックあり、取引量に応じた還元もあり、流行りのミニPC(ノートブック)がもらえとかなりお得なキャンペーン開催中ですので、 それだけも一見の価値あり?!
 みんなのFX
みんなのFXみんなのFX

EMCOM証券(旧:パンタレイ証券)が提供するみんなのFXのスプレッドはドル円で0.7銭固定、1.3銭固定となっているので、 上位2社にも負けずとも劣らずの優秀なスペックです。

後、特筆すべきは、みんなのFXには業界初となるSNSツール『みんなのSNS』と言う機能があります。

これはチャット機能で参加者同士でのコミュニケーションを取って情報交換なども出来ますし、 参加しているユーザーの実際の取引データがリアルタイムで公開され、実際のFX取引データによる運用成績のランキングが公表されるなど、業界初となる新サービス、新機能が満載です。

  みんなのFX

みんなのFXの特徴は最新の取引ツールであったり、ユーザーが「こんなのあったらいいなあ」というものをいち早く取り入れてくれるところです。「みんなのSNS」や、 ソフトウェアのインストールの必要もなくネット環境されえあれば、いつもで簡単にFXの取引ができるのがツールも好評です。

FX取引をする際にこれだけは抑えておきましょう

FX取引をこれから始める方は下記記事をよく読んで心の片隅に留めておいて下さい。

また、FX取引を既に始めておられる方も、ご存知のことかもしれませんが、再確認の意味でもう一度チェックして頂ければと思います。

というのも、FXに限ったことではないと思いますが、物事はたいてい慣れてきた頃にこそ思いもよらぬ落とし穴があります。

私も最初はビギナーズラックから勝率が高かったのですが、どこか過信があったのでしょう。 まったく勝てない日が続いたことがあります。ある程度、わかってきた頃こそ初心に立ち返る必要があると自身の経験からも痛感しています。



時代はスプレッド「0銭代」。その背景にあるものは…

FXが投資手法としてある程度の認知をされ始めた昨今。今まで「投資」というものに縁遠かった方が、日々、FX取引の世界に足を踏み来られます。 そんなFX初心者を早期に囲い込み「優良顧客にしてしまおう」という算段があります。

ですので、FX初心者のハードルを下げるべく、手数料である「スプレッド」を下げ門戸を開けている。 そんな背景があって、今、FX業界は「低スプレッド合戦」なわけです。

ただ、気をつけて頂きたいのが、「FX業者がいくらのスプレッドを提示しているか」ではなく、 「いくらで約定するか?」の方が重要です。

低スプレッドばかりに目が行きがちですが、本来の目的である「いくらで約定するか」の「約定能力」にも留意頂き、 FX業者を選んで口座開設されることをオススメします。


>>>「FXの約定力・約定能力」が強い業者はどこ?

FXおすすめサイト

FXスプレッド|スプレッド最小のFX業者ココだ!
最新のスプレッド情報がまとまっています。

スプレッドの比較サイト
人気の業者のスプレッドを比較しています。

スワップポイントの紹介
スワップポイントのまとめ

http://www.fcc-ip.jp/
これからFXを始める方は必見のサイト

クレジットカードのおすすめはこの1枚!
使い方に応じたクレジットカードの紹介をしています。

FX関連情報